Dine(ダイン)アプリの使い方を徹底解説!実際にデートに行きまくった女がおすすめする理由

Dine(ダイン)アプリの使い方を徹底解説!の画像 ライフスタイル
記事内に広告が含まれています。

「Dine(ダイン)」は、出会いの最短距離をコンセプトにしたユニークなアプリとして注目されています。

数あるマッチングアプリの中でも、筆者はDineを活用して連日デートを重ねていました。
というのも、Dineには他のアプリとは異なる特徴があるからです。

Dineをおすすめする理由
  • 煩わしいメッセージが不要で、すぐに会える
    コンセプト通り、マッチングしたらすぐに会う前提で話が進みます。
  • ドタキャン率が低い
    当日キャンセルするとペナルティが発生するなどの対策があります。
  • ユーザーの質が比較的に高い
    他のアプリと比較して魅力的な人が多い印象でした。
  • お店選びでがっかりすることは、基本的に無い
    会うお店は自分で予め設定するので、がっかりすることはありません。

実際に会ってみたいと分からないことって沢山ありますよね。
Dineは、とにかく早く、たくさんの人と会いたい方におすすめです。
逆に事前にメッセージや電話で仲良くなってから会いたい方には、不向きなため、他のアプリを選びましょう。

この記事では、Dineアプリの使い方を徹底解説します。
これを読めば、あなたも効率よく素敵な出会いを見つけ、デートを楽しめます。

Dineアプリの登録方法や使い方

Dineアプリの登録方法と使い方の画像

ここではDineアプリの登録方法や使い方を解説していきます。
まずは、アプリをインストールしましょう。

App Storeはこちら
Google Playはこちら

Dineの登録方法

アプリをインストールしたら、アカウント登録をしましょう。
サインインする方法は、4つあります。ご自身の登録しやすい方法を選びましょう。

  • Facebook
  • X(旧:Twitter)
  • Apple
  • SNS

基本情報の入力

サンインしたら、基本情報を入力していきましょう。
ここで入力した情報は、後から変更することができません。間違った情報を入力しないように注意しましょう。

(私は、本名ではなく、あだ名で登録してしまい、カスタマーサポートに問い合わせして変更してもらいました…)

地域・お店を選択

相手と会いたい地域を選びましょう。
周辺県にお住まいの方は、一番近い都心エリアを選択します。

・東京
・大阪
・福岡
・名古屋

プロフィール写真の追加

あなたのプロフィールのTOPになる写真を追加しましょう。
自撮りよりも他の人に撮ってもらった写真の方が印象が良いです!

どのアプリでも共通して言えることですが、Dineでは、特にTOP写真が最重要と言っても過言ではないです。
なぜなら、最初に相手に表示されるのは、写真がメインだからです。

引用:Dine公式サイト

相手に興味があれば、上にスワイプするとプロフィールが表示されます。
逆に興味がないと判断されたら左にスワイプして簡単にスキップできてしまいます。

プランの選択

プランを選択しましょう。
まずは無料でやってみて、必要だったら有料会員を選択で良いと思います。

ただし、Dineの大きな特徴である自動日程調整・お店予約は、男女いずれかが有料会員でないと使えません。こちらを絶対活用したい方は、有料会員になっておくことをおすすめします。

【GOLD会員の月額費用】

利用プラン25歳以下26歳以上
1ヵ月3900円6500円
3ヵ月3300円4800円
6ヵ月2900円3800円
12ヵ月2400円2900円

プロフィール情報の編集

最後にプロフィール項目を埋めていきましょう。
全て埋める必要はありませんが、なるべく多く埋めた方が真剣度が伝わります。

また、自分が入力していない項目は、相手の項目も見ることができません。
職業、居住地、年収など、相手の知りたい情報は自分も入力するようにしましょう。

お店選び

プロフィールから行きたいお店を編集できます。
色んなジャンルのレストランやカフェなどがあり、価格帯も異なります。
実際に行ってみたいと思う、お店を選んでください。ただし、価格帯が高いお店ばかりだと、相手からスルーされてしまう可能性もあります。お昼にサクッと会えるように、カフェも選択肢に入れておくと良いかもしれません。

逆に高収入の方を狙っている人は、価格帯が高いお店を設定し、1つだけ低価格のお店を設定するそうです。価格の低いお店でリクエストしてきた人はスキップするんだとか。(笑)

自己紹介文の書き方

自己紹介文を入力しましょう。あまりに文章が少ないとスキップされる可能性が高いです。
Dineの入力欄で「例文を入力」すると、例文が表示されるので参考にしましょう。

自己紹介文には、このような情報を入れておくと、興味を持ってもらえます。

  • 職業
  • アプリを登録した理由
  • 自分の性格(周りからどんな風に言われるかなど)
  • 趣味

Dineで実際にデートする方法

Dineで実際にデートする方法の画像

登録が完了したら、マッチングしていきましょう。
ホーム画面の説明から実際にデートする方法をご説明します。

ホーム画面

ホーム画面では、アプリが毎日あなたにおすすめの人を10人表示してくれます。
また、相手から来たリクエストも同様にフォーム画面に表示されています。

Dineでは、自ら相手の条件を指定して検索することができません。ですが、最低限の条件は設定できます。
少しでも理想に合った相手を表示させるように、設定しておくことをおすすめします。

検索条件の設定方法

メニュー>検索条件 から設定可能です。
「スマート」と「一般」の2種類ありますので、両方とも設定しましょう。

  • スマート
    異性の写真が表示されるので、GoodボタンもしくはBadボタンを押していきます。
    全て押し終わると、「学習データが送信されました!」と表示されます。
  • 一般
    お相手の性別、年齢(最小~最大)、地域を選択できます。

デートする方法① リクエスト

ホーム画面に表示された「TODAYS PICKS」でおすすめされた人を見て、気になる人がいたらリクエストしてみましょう。
その人と行きたいお店を上にスワイプするだけで、リクエストは完了です。
相手がリクエストを承認したら、マッチング成立となります。リクエストしたお店で会う日時を調整したら、アプリ側がお店の予約をしてくれます。(男女どちらかが有料会員の場合)

興味ない場合は、左にスワイプすることでスキップできます。

また、逆に向こうから来たリクエストもホーム画面で確認しましょう。
プロフィールを見て気になったら「承認する」ボタンを押したら、日時調整が始めります。

マッチング後、メッセージのやり取りは不要ですが、挨拶の一文は送っておくと良いでしょう!
また、会う前日に「明日よろしくお願いします」などのメッセージを送っておくことで、お互い安心して当日を迎えられます。

デートする方法② Dine Tonight機能を使う

Dine Tonightは、「今日会える人」を探せる機能です。
今日誰かと会いたいと思った時や急に予定が空いてしまった時に活用すると良いでしょう。

メニュー>Tonight から使えます。

  1. 行きたいお店、もしくは会いたいエリアを選択して募集をかける
    (アプリがランダムで周辺にいるアクティブユーザー30人に通知)
  2. ユーザーが「興味あり」を押すと、あなたに通知が届く
  3. そのユーザーに会いたい場合は、承認することでデートが成立

ただし、Tonight機能では、お店の予約まではしてくれません。
マッチング成立後に、会う時間やエリアなどをメッセージでやり取りする必要があります。

Tonight機能で募集できるのは1日に1度までです。ちなみに、一度興味を持ってくれたユーザーをスキップすると再表示できないので、よく見ながらお相手を探しましょう。

まとめ

まとめの画像

本記事では、Dineアプリの登録方法や使い方を解説しました。

私は実際にDineで週2~3日デートしていました!
通常のマッチングアプリでは、メッセージのやり取りを重ねてから会うのが基本ですが、Dineはすぐに会えるので、とても効率が良いと感じていました。
逆に、何もやり取りをしないで会うのは不安という方もいるかもしれませんが、Dineは他のアプリよりもユーザーの質が高かったです。

ぜひ、一度Dineを活用してデートをしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました