父の日に何もしない人の理由とは?|その割合と背景を解説

父の日に何もしないワケとは?|その割合と背景を解説の画像 ライフスタイル
記事内に広告が含まれています。

父の日が近づくと、何をするか悩む人も多くいますが、一方で何もしないという選択をする人も少なくありません。

その背景には、現代の忙しいライフスタイルや父親との関係の変化など、さまざまな要因があります。

父の日に何もしないという人はどれ位いるのでしょうか?
本記事では、父の日に何もしないという選択の背景を掘り下げ、その割合と理由を解説します。

父の日に何もしない人の割合

父の日に何もしない人の割合の画像
引用:父の日.jp

父の日に何もしない人は割と多いようです。

父の日に特化した情報サイト「父の日.jp」では、父の日ギフトはどれくらいの頻度で贈っているかというアンケートで「とくに何もしない」と答えた方が全体の24.3%ととなりました。
「3年に一度の頻度で贈っている」という人も23.3%いるため、父の日に何もしないという選択肢は珍しくないようです。

父の日に何もしない人達の背景とは?

父の日に何もしない人達の背景とは?の画像

母の日は何かするけど、父の日は何もしないという人も一定数いるようです。

父の日に何もしない人達の背景には、さまざまな理由があると思います。
今回はその理由を掘り下げてみましょう。

忙しさによる理由

現代のライフスタイルは非常に忙しく、仕事や家庭の用事に追われる人が多いです。
特に共働き家庭や子育て中の家庭では、特別なイベントを計画する余裕がないことも珍しくありません。

平日と変わらず忙しい日々の中で、父の日も普通の日と同じように過ごすことが自然となってしまいます。さらに、週末にまとめて家事や育児をする家庭では、父の日に何か特別なことをする時間が取れないことも多いでしょう。

こうした忙しさから、「父の日に何もしない」という選択をする人もいると考えられます。

関係の変化による理由

子どもが成長し、独立して遠方に住むようになると、父の日に何かをするという習慣が次第に薄れていくことがあります。
大人になった子どもたちは、自分の家庭や仕事に集中する時間が増え、親との交流が減ることも多いです。

また、父親との関係が必ずしも良好でない場合、特別な日として祝うことが難しくなることもあります。家庭内での関係の変化が、父の日に何もしないという選択につながることがあるのです。

プレッシャーによる理由

父の日が近づくと、プレゼントやイベントの準備をしなければならないというプレッシャーを感じる人も少なくありません。
特に、広告やメディアで盛んに父の日の特別な過ごし方が紹介される中で、何かしなければならないと感じることがストレスになることもあります。

このプレッシャーが重荷になってしまうことが、「何もしない」選択につながるのです。

経済的による理由

経済的な理由も、父の日に何もしない理由の一つです。
特別なプレゼントやイベントを用意するには、ある程度の出費が伴います。家計に余裕がない家庭や、他の優先事項にお金を使わなければならない家庭では、父の日に何かをすることが難しくなります。

特に、コロナ禍や経済不況の影響で収入が減った家庭では、節約のために父の日の祝い事を控える傾向が強まります。家計を守るために「何もしない」選択をすることは、現実的な対応策の一つとなっています。

家庭の方針による理由

家庭ごとに異なる文化や方針があるため、必ずしも父の日に特別なことをするわけではない家庭もあります。例えば、日常的に父の日などイベントごとを重視していない家庭では、何か特別なことをする必要がないと考えることもあります。

家庭の価値観や方針が、父の日に何もしないという選択を自然なものとすることがあります。これもまた、多様な家庭のあり方の一つです。

父の日に何をするか過ごし方のヒント

父の日に何をするか|過ごし方のヒントの画像

父の日は必ずしも特別なイベントやプレゼントが必要ではありません。
大切なのは、日頃の感謝の気持ちをシンプルに伝えることです。
ちょっとした心遣いや行動でも、父親にとっては十分に嬉しいものです。

忙しい日常の中でも気軽に実践できる父の日の過ごし方を考えてみましょう。

メールや電話をする

父の日に特別なことをしなくても、感謝の気持ちを伝える方法はたくさんあります。
その一つがメールや電話です。忙しい日々の中で時間を取るのが難しい場合でも、メールや電話で簡単に感謝の気持ちを伝えることができます。

例えば、「お父さん、いつもありがとう」と一言メッセージを送るだけでも十分です。電話をかけて短い会話をするだけでも、お父さんにとっては嬉しいサプライズとなります。

家事や雑用を手伝う

父の日に特別なイベントを計画する時間や経済的余裕がない場合でも、家事や雑用を手伝うことで感謝の気持ちを示すことができます。
例えば、庭の手入れをしたり、車の洗車をしたりするのも良い方法です。普段、父親が担当している家事や雑用を代わりにやってみると、その労力を理解する良い機会にもなります。


また、一緒に家事をすることで、普段あまり話す機会のない父親とのコミュニケーションを深めることもできます。

まとめ

まとめの画像

父の日に何もしないという選択には、さまざまな要因が重なり合っています。
それぞれの背景には、個人や家庭の状況や価値観が反映されています。

  • 忙しさによる理由
  • 関係の変化による理由
  • プレッシャーによる理由
  • 経済的による理由
  • 家庭の方針による理由

重要なのは、特別な日でなくても、日常の中で感謝の気持ちを伝えることです。
父の日に何もしないことに罪悪感を感じる必要はありません
大切なのは、無理をせず、自分にできる範囲で感謝を示すことだと思います。

タイトルとURLをコピーしました